otaking-ex

ギャンブラーと学園

ギャンブルを題材にしたマンガ本「銀と金」をご存知でしょうか?原作者は福本伸行さんで、双葉社発行のアクションピザッツ雑誌で連載されていました。 この作品はどういった理由からかは不明ですが、完結しないままで、この続きはマンガ本としては今も発表されていないままとなっています。しかし、その連載が終わってしまった22年後、テレビドラマにまでなり新たな評価を得ることとなりました。 この作品は日の当たらない社会で暮らしている男達が、ギャンブルを通して驚くほどの大金を稼ぎ出す様が描かれています。連載自体はもう今から25年くらい前に開始されたせいか、かなり古いタイプのヤクザもの達も登場しますが、彼らの雰囲気や男気は現代っ子にとって新鮮に映ることもあるようです。 ギャンブルを生きる目的にするってどうなのかと思っている人々もいるのではないかとは思いますが、この作品を味わって読んでいくと、そのドラマ性に引き込まれてしまうこと間違いなしです。 とにかく勝負ごとが大好きな人間にとってはかなり熱い物語で、このマンガを読んで強く影響を受ける人もいるかもしれません。そんな読者は、思わず自分でも、一つギャンブルというイベントに今日という日を賭けてみるか!という気にさせられてしまいます。 ただこの作品内でのギャンブルは、ほとんど生きるか死ぬかの命がけのものなので、本物のギャンブルがいかに平和なものかと、実際このマンガを読んだ後カジノやパチンコ屋に通ってみると感じるかもしれません。

カジノゲームを飾るアニメアート

オンラインやモバイルツールで遊べるゲームが随分と増えて参りましたが、その中で多少なりとも違った味わいを持つのがアニメを使用したオンラインカジノゲームの類なのではないでしょうか? 従来オンラインカジノで使用されているアートワークやアニメーションは、どちらかと言えば西洋のスタイルのものが多いように見受けられます。きらびやかで豪華絢爛なカジノは実はヨーロッパが発祥の地。必然的に現地の方々の好みが反映されているというわけです。 しかし近年のカジノゲームで最も成長しているのはオンラインヴァージョンでのカジノです。世界中のプレイヤーたちが注目しプレイを始めました。そこで、ゲーム内に登場するアートワークやアニメーションも、できるだけ様々なカルチャーを持つ人々にも受けいれられるよう、思考を凝らしていこうと姿勢を変え始めたのです。 現時点ではアニメ風アートはそれほどカジノゲームに使用されてはいませんが、これからもっと増えて行くはずです。特に版権ものをあまり見かけないのは、恐らくカジノが各国での法律や年齢制限などの問題をも考慮しなければならない娯楽のためかもしれません。 しかしパチンコゲームでは既に使用されているのですから、これからのアニメが更にポピュラーになる為にはカジノゲーム化という登竜門が追加されることでしょう。 今現在プレイ可能なアニメ風カジノと言えば、カラフルな少女たちが登場する「ラッキーニッキー」、それからベクターアートタイプの「東京カジノプロジェクト」などがあります。どちらも魅力的でかなり惹きつけられそうです。

カジノゲームの中で映えるアニメ

オンラインカジノゲームとジャパニーズスタイルのアニメーションは、黄金のコンビネーションなのではないでしょうか。 パチンコ屋の台のゲーム中では一昔前から現在までも、数々の有名なアニメのキャラクターが続々と登場していて、パチンコ屋オリジナルのアニメーションまで存在するくらいです。 パチンコギャンブラーの中には、彼ら彼女ら有名キャラクターを目当てにプレイに没頭してしまったりしてしまう人もいるのです。 オンラインカジノゲームにアニメを起用するということは、パチンコの時と同様に、オンラインカジノファン、アニメファン、ゲームファン、そして若い世代から年期の入った世代まで、一斉にプレイの虜にしてしまえます。 キラキラとした雰囲気を醸し出すカジノ画面とアニメのキャラクターの世界観がバッチリとマッチしていれば、プレイしている時間はもう、あなただけのタイミングに合わせて流れる特別なビデオムービーとなってしまうわけです。 とてつもなく夢中にさせてくれる分、うっかり我をも忘れていることでしょう。金銭を左右する重要なシーンをバックに贅沢に展開を見せるアニメ映像。これはアニメアートの中でも新しい領域となる可能性があります。今日もオンラインカジノ専用に作られたアニメーションが見たいがためにカジノゲームを目の前に悪戦苦闘する多くのプレイヤーたち。 恐らくまだ見ぬオンラインカジノ用に登場するであろうアニメキャラクター達も、カジノ独特の雰囲気に合わせた斬新な動きを見せてくれるはずです。

知名度とクオリティの高さを誇るアニメ

アニメ産業はアニメに興味のなかった人々まで巻き込んでいます。それはアニメ作品にまつわるたくさんの物、映像、コミック、小説、グッズ、イベントなどで巨額の資金が動くことがあるからですね。 ですが、こういったところまで時代が変わるには様々な歴史の影響もあるかと思っています。有名で知名度の高いアニメ作品は、アニメ史、歴史に大きな影響を与えていると同時に、熱狂的なファンたちの心の中に住み着いているんではないかと思います。 日本国内、海外ともに知名度とクオリティの両方を誇る代表的なアニメ映画作品の中に、スタジオジブリアニメーションがあります。知らない人はほぼいないと思われますが、興行収入ランキングでは常にトップクラスに安定して入っています。 日本国内において一種のブランドを築き上げた成果から、海外でも数か国語に翻訳、吹き替えをされ売り出されたおかげで、鑑賞した人々はまるで習慣や国境の壁など、全く存在しないかの如くお互いに話をすることもできるようです。 人気と知名度にはいくつか理由がありますが、ここまで有名になれたのは、人間が生きるための勇気や優しさなど、人が本当に欲しいと思っているものを与えてくれるからなのではないでしょうか。 だからこそ時代を超えて受け継がれて多くの人々にまでその評判が知れ渡ったのでしょう。こういった路線で有名になるのは非常に難しいことだと思いますが、ジブリ作品には優れたデザインや音楽、かっこいいと心から感じさせる業も各所に散りばめられていたりもするので、時代に反発しているようなタイプの人間でさえ素晴らしいと唸ることがあるのです。

時代に影響を受けずにずっと有名でいられる作品

とにかく時が経てば有名なアニメ作品とは変化していくようですね。 今年最も有名なアニメ作品リスト はこちらです。最近出て来たものが人々の記憶にも新しいのですから、その時代で有名な作品ということになるのでしょうね。 ですが、素晴らしいと高い評価を受けた人気作品は常にテレビで再放送されたり、映像ソフトが再販されて売れ出したりするので、永遠に有名でいられるのです。 それからすぐに有名になる作品もあれば、時代の変化と共に後からになって注目を浴びるような作品だってあるわけです。しかし時代の変化をものともせずに半永久的に、もしくは永遠に有名でいるような作品だってあります。 「サザエさん」を知らない日本人はいません。常に有名で視聴率が高いので、もう2300回分の放送に迫る勢いとなっています。これを超えている他のアニメ作品はありませんし、サザエさんが放送され続ける限り記録が打ち破られることはありません。 どうしてこれほど有名になれたのでしょうか。サザエさんの話の内容は誰にでも起こり得る日常そのものです。登場するキャラクター達もすごい技を使ったり、特別に優れたスキルがあったり、異世界に行ったりということはありません。 この作品のラッキーだったところは、早くこの世に登場できたことでより多くの人々の生活の習慣となることができたこと、それから人々の日常生活を、この番組を見ている人の「今」の生活自体を楽しくさせてくれるような要素があるからでしょう。

アニメから生まれた本

アニメーションは動くし、喋るし、音も出ます。でもそれを作り上げた元々の土台は原作マンガである場合もかなり多いですね。アニメ系の本などはその市場も大きく、コミック即売会などは世界中で見られます。 コミックワールドComic World は東アジア圏で開催されていた同人誌即売会ですが、今はコミックマーケットが一番大きな即売会でしょう。これは通称コミケなどと呼ばれていて日本で夏と冬の年二回行われています。 アニメ関連の本に関する情報が一同に集まるという点においては他に類を見ません。海外でも、コミックコンなど大きなイベントもあれば地域で行われるような小さなイベントもあります。同人誌即売会で販売されているタイプの本は、アニメを題材として素人の手によって制作されたりもします。 あのアニメのあのエピソードを面白おかしく変えてマンガ仕立てにして販売したら売れた、ということはよくあることなのです。原作があり、アニメが作られ、そのアニメを元にまた別のマンガ本が作られる。これはアニメ本市場の一つの循環です。 もしくは原作やアニメのパロディ本を読んだら、何やらおもしろかったから、絵がうまかったから、その元である原作やアニメを見るようになった、という切っ掛けとなるということも今では増えてきました。 書籍の存在はアニメそのものの価値をも高めてくれる貴重な存在です。これからこういったイベントで何か物色してみるといい作品との出会いがあるかもしれません。

アニメ対原作マンガ本

時々論争が繰広げられる、アニメと原作マンガ本を比べてどちらが良いか…についてですが、アニメ作品の方は動きますし音も出て臨場感がある…というのは当たり前のことで言うまでもありませんね。 原作マンガはアニメの絵コンテのような存在になっている場合もあります。でも原作マンガの制作者はアニメの制作には一切参加しないのはよくあること…と言いますかほとんどのアニメ作品がそうであるのではないかと思っています。 例えばマンガの一話分が20ページだとすると、アニメでそのマンガ一話分を作る際に時間の尺が合わなくなってくるわけです。バトルシーンなどがあればそれに時間をかけることも出来ますが、ない場合はあっという間に20ページ分のネタを使用してしまうわけです。 そこで毎週のアニメの時間がもし30分だと決まっていたら、次の話を使用するか、もしくはオリジナルストーリーを組み込ませることになります。 オリジナルの部分はマンガ原作者と相談をすることもあり、原作者がアニメ制作側に全てお任せすることも結構あります。でも最近の原作マンガは、アニメ化されることを見越している場合も実はあるのです。 アニメ制作者側が作りやすいように、原作本では全ては描かないけれどもアニメになった時にこの部分を膨らませていけるよ!というような付属品使用可状態のようなものを作り上げるのです。 アニメをよく鑑賞している原作者でないと難しいですが、ドラマ化を意識している小説家が昔から行っていたことでもあります。どちらも影響を受け合い高めていけると良い作品に進化していけますね。

アニメに出て来る料理を集めた本

アニメ人気を人間の欲求の一つにまで数える人が増えている中、人類古来から変わらない人間三大欲求の一つである食欲にもフォーカスしたアニメ料理本というものの存在が注目を浴びています。 人が生きるためには食べものを食べる必要があるため、アニメの中でも必ず何かしらの食べ物や飲み物、そしてそれらを食するシーンというのが出てきます。 食べログ アニメに出て来た料理は何? ではアニメに登場した気になる食べ物を探している方のコメントが載っています。 その元になる書籍は 空想キッチン! で、アニメの中に出て来た数々の美味しそうなメニューについて解説をしています。 一つのアニメ作品、もしくは映画作品にしても、その中身や情報量は膨大です。その中の一つであるアニメの料理に関連した本の切り口は非常に面白く、アニメの中の物事を日常に取り入れているという意味で非常に面白いものです。これからは、こういった非現実のものがどんどん色々な形で私たちの生活に入り込んで来るでしょう。

アニメという一つの単語について考える

アニメ、アニメーションと言えば連続したイラストを一枚一枚録画しまるで動いている様に見せ、それらに音や声が加わえたもの…つまりこういった物体を映し出した映像のことです。 しかしこの定義づけで本当に良いのでしょうか?実際にはそれらの映像の中に描かれた人間や動物などのキャラクター達の絵そのもの、動き、声などが活力を得て命を持った状態のことをアニメーションと呼ぶというのが正解でしょう。そして後のこの言葉と繋がってしていくものは、こういった映像から感動や知識を得たりすることなのでしょう。 段々アニメーション自体が生き物のように変化していますが、言葉の意味は用途やそのものの変化によって変わっていくのは当然のことでしょうね。アニメーションが出来る以前は一枚絵が主だったのは誰もがご存知なことですが、当時はそういった絵に対しての比重が非常に重かったもので、そこからその絵を描いた人からのメッセージ一を所懸命に読み取ろうとしたものです。 そしてそれが白黒の動くイラストとなって声や効果音が加えられました。音楽が加わってドラマ性を高めてくれるようになったのはこういった段階から考えてみますと、しばらく後のことになりますね。 そしてこのアニメーションの技術をより一層高め、確かなメッセージを込めていった国が日本です。アニメーションをアニメという和製略語で親しみを込めて呼び始め、娯楽の一ジャンルとして成長させました。そしてアニメという言葉は作品たちと共に世界に輸出されて行きました。